2016年02月16日

『電子版お薬手帳』の2015年度の動き

2015年度も残り少なくなってきましたが、今年度は『電子版お薬手帳』に関して、制度面の整備が進みました。

2015年度初めに、厚労省によって『電子版お薬手帳』仕様の共通化の方針が決定され、さらに異なる『電子版お薬手帳』のデータ連携の実証実験もNPhA(一般社団法人日本保険薬局協会)が音頭を取り始まりました。11月には、厚労省医薬・生活衛生局総務課長から通知が出て、実質上、「JAHIS電子版お薬手帳データフォーマット仕様書」が共通仕様となりました。

年の暮れ12月には、厚労省から『電子版お薬手帳』を活用する薬局の報酬を増やす方針が出されましたが、12月24日には、まさかの『紙のお薬手帳』の報酬が下がり、結果的には『紙の手帳』と同等になりましたが、報酬は増えませんでした。

これを受けて、年明け、大手のNTTドコモが「おくすり手帳Link」を2016年3月から提供することを発表しました。

2016年度は、『電子版お薬手帳』の本格的な普及の年になるでしょう。

診療報酬に組み込まれたことにより、大手メーカーの参入が本格化しますので、中小メーカーの『電子版お薬手帳』は苦しくなるのでは?

以下は本年度の『電子版お薬手帳』のトピックを時系列で並べたモノです。参考までに!

私?普及が進む『電子版お薬手帳』によって収集が容易になる処方データの分析に興味があります!対患者、対薬剤師、対医師、そして二次利用・・・。一緒に汗を流すメーカーはいませんか?

---------------
◆2015年4月26日 厚労省はスマートフォン(スマホ)に薬局で受け取った薬の名称や飲み方などを記録する『電子版お薬手帳』の仕様を共通化させる方針を固めた。

http://www.sankei.com/life/news/150426/lif1504260012-n1.html
---------------
◆2015年10月27日 異なる2つの『電子版お薬手帳』を連携し、一つの手帳で過去の服用歴を一覧できるようにする実証実験が、栃木県内で開始

この実証実験については、NPhAが10月26日、ニッセイ情報テクノロジーとポケットファーマシー販売が行うと発表した。今年中にシステム改修をし、来年に導入薬局で運用する計画という。

https://www.mixonline.jp/Article/tabid/55/artid/52255/Default.aspx
---------------
◆2015年11月27日 厚労省医薬・生活衛生局総務課長から「JAHIS電子版お薬手帳データフォーマット仕様書Ver.2.0の公開について」が通知される。

http://www.nippon-pa.org/mail/img/704.pdf
---------------
◆2015年12月12日 厚労省は2016年度から、スマホなどの『電子版お薬手帳』を活用する薬局の報酬を増やす方針

薬局は、お薬手帳の記入や薬の飲み残しの確認など5つの仕事をすると、客1人あたり410円の診療報酬を受け取れる。今のルールでは電子版に記入した場合は340円に減額されていた。16年度から電子お薬手帳への記入でも紙の手帳と同額の報酬を認める方向だ。

http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS11H5H_S5A211C1NN1000/
---------------
◆2015年12月24日 厚労省は2016年度の診療報酬改定で、患者が同じ薬局を複数回訪れた際、薬の名称や服用回数などを記録する「お薬手帳」に関する窓口負担を引き下げる方針を固めた。

http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=128474
---------------
◆2016年1月15日 NTTドコモ「おくすり手帳Link」を2016年3月から提供することを発表。

薬局向けシステムとユーザー向け無料アプリで構成されており、薬局は、初期設定費用5,000円(税抜)/店舗、月額利用料3,000円(税抜)/店舗で導入が可能。

https://www.nttdocomo.co.jp/info/news_release/2016/01/15_01.html
---------------
posted by lou at 10:12| Comment(1) | TrackBack(0) | Data Centric Marketing | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
2016年3月11日、NTTドコモは、「おくすり手帳Link」との親和性を評価して、スマート薬歴システム「GooCo」を提供する株式会社グッドサイクルシステムに対して出資を実行しました!

https://www.nttdocomo-v.com/%E6%A0%AA%E5%BC%8F%E4%BC%9A%E7%A4%BE%E3%82%B0%E3%83%83%E3%83%89%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%82%AF%E3%83%AB%E3%82%B7%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%A0%E3%81%B8%E3%81%AE%E5%87%BA%E8%B3%87%E3%81%AB%E3%81%A4%E3%81%84/

Posted by 若杉 徹(著者) at 2016年03月14日 11:14
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック